2007年03月02日

手術

ご無沙汰しちゃいました。花粉症でどうもやる気が出ず…早く終わって欲しい…

手術は無事終わりました。

朝は6時から何も食べず、飲まず。そして10時から手術。

麻酔がかかるまで一人だけ付き添いで手術室に入りました。母が付き添い、母の膝の上で麻酔をかけられたわけですが、さすがにドキドキしました。麻酔と言うと、3秒もしないうちに気が遠くなるという印象なのですが、子ども用で薄いのか、結構時間がかかっていました。(傍から見ているからそう感じただけかもしれませんが。)嫌がるんだけど、マスクをされて押さえられているので全く声が出ず、顔を真っ赤にして嫌がっていました。そうしたらそのうち(1分はたってないと思うけど、すごく長く感じました)ぐたっとなってしまいました。そのときの顔が忘れられません。目がくっついて離れないってくらいに閉じていて、顔の力が抜けてベタ〜ってなっているんです。それはいつもの寝ているときの顔ではなく、やっぱり麻酔って普通な状態ではないんだなぁってしみじみ思いました。

その後、1時間くらいで呼ばれ、無事終わったと説明を受け、またお迎えに行ったときにはすでに麻酔から覚めて、看護婦さんに抱かれて泣いていました。下半身の麻酔はまだ切れてなくて、足が動かないので気持ち悪くて泣いちゃうんだとか。

で、すぐ病室に戻って、1時間くらいは寝たかな。でもその後はなかなか眠れず、まだ何も口にすることができないのでおっぱいももらえず、うつらうつらとしてはまた起き…の繰り返し。そのときが一番かわいそうだったかな。病室が普通の6人の相部屋だったので、年配の方が多く、部屋で泣いていると居づらくて、結局ほとんどテレビのあるリフレッシュコーナーのようなところで抱っこしていました。

そうして数時間後には無事退院でした。

あ〜、良かった良かった。一安心でした。
posted by ちょも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | かーくん1歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。